2008年09月13日

ブライテックHIDシステムを取り付けるよ

と言うわけで買いました〜〜

ブライテック/HIDシステム


本当は4300Kが欲しくて一回発注したのですが
在庫切れ&生産予定無しとの事で「ごめんなさい」されたので
6000Kに変更したのです。
いずれのリアクションも早かったので気に入って
Webike会員になったとゆーのが実情です。


さて買う気は無いけどちょっと気になるな〜 
って方はアフィリエイトはスルーで先にお進み下さい。

箱っすね
HID1.jpg.JPG

中身はこんな
HID1.1.jpg.JPG

あぁ、取説を撮り忘れてるな、俺・・・ま、いいや。
英文ページと日本語ページの小冊子でした。
日本語が誤字誤植だらけでちょっと嫌になりましたが。
Webikeのインプレで「取説が判り難い」ってな、そりゃ日本語間違えてれば判るものも判り難くなります罠。
但し、肝の回線図は単純明快で良かったです。
図解どおりに結線するだけ。電気の知識はほぼ不要です。

唯一気にしなければならなかったのが
H4バルブのコネクターの極性に関して
HID2.jpg.JPG
−極の配置によって配線をちょっと変更しなければならないそうで。

なのでH4のコネクターを開けて見ました。
3箇所の爪をはずせば難なく開きます。
HID3.jpg.JPG
開けてみると配線の色が違いますね。
他の色は知らないけど「緑はアース」(=マイナス)だけは知っているので
アーシング施工の時に学びました)

よって'05 CB1300SB(SC54)の場合は取説のAタイプ
('06以降はご自身でご確認くださいませ)
HID4.jpg.JPG
配線変更は不要です。
これで「ポン付け」ほぼ確定ですね。

バーナーとゴム栓(蓋)の相性もばっちり。
一切加工不要でOKなのは嬉しいお手軽さ!
HID5.jpg.JPG
あ、素手で取り扱わない方が本当は良いのですよ。
手の脂はガラスに良くないですからね。

さて、カウル付けたまま装着しようとしたら
狭すぎて無理っぽいのでサクっとばらしてライトユニット取り出し。
HID6.jpg.JPG
あたしゃカウルばらし慣れしてるんでこの辺はチョイチョイです。
不慣れなヒトはHID取付はプロに任せましょうね。

ほら、ユニット取り出せば楽々取付。
一切加工無し、何の違和感も問題も無く普通のH4バルブと
同じ様にカチャっとな。
HID7.jpg.JPG
やぁ、結果「ポン付け」でしたよ、良かったよかった。

さて仮置き、仮配線しましょうか。
回線図どおりにオス・メスつなぐだけ。
HID8.jpg.JPG

もういっちょ。
H4コネクターに取り付ける部分は
ロックの爪が無く、且つ隙間があったのでビニテ巻いて
補強&防水しておきますよ。
HID9.jpg.JPG

さて結線は済んだし、バラストやコントロールユニットは
リヤカウル内とバッテリー裏の収納スペースに両面テープで貼り付けてっと。
点灯テストです〜〜〜
HID10.jpg.JPG
やぁ、無事につきましたね。

HI/Lo切り替え問題無し。
普通の感覚で切り替え出来てなんら違和感無し。
パッシングもごく普通に作動しますな。
反応速度もノーマルと変わんないんぢゃね?
って位普通にスムーズ。
うん、これは良い物だ。キシリア様に献上したい位だ。

ここまででのんびりやって小一時間位。
カウル開け慣れてるヒトはDIYお勧めです。
作業自体は簡単なモンで。
あ、ちなみにカウルばらしたついでにタンク浮かして
配線取り回しもやり易いようにしてます。
DIY取り付けの際は迷わずフロントカウルばらし、
サイドカバーはずし、タンク浮かせはやっちゃった方が
確実に早く作業出来ると思われ。
まぁ、プロもそうするでしょうしね。

ほんで仮置きしてた配線やパーツを両面やインシュで固定してってと。
そうそう、キットにインシュロック付属だったのが嬉しかったっす。
さりげない心遣いに生産社の親切心を垣間見ました。

ただねぇ、コイツだけ良い収め場所が思いつかなくて。
ハンドル下に入れようとしたらなんかフルに切る時干渉するし。
なので完全防水仕様だったのでラジエーターコアガードに
インシュでくくり付け。
HID11.jpg.JPG
いずれ移設するかもですが、ココはここで
「イジってま〜〜す」的アクセントになって、まぁいいかなと。

さて暗くなってから出動してチェックですよ。
HID12.jpg.JPG
うは、何コレ馬鹿ぢゃね?って位ハロゲンとは別物。
自然色4300Kよりで実用性がやや劣るといわれる
白色6000Kでもコレかい。
35wでこれだと55w(ソーラムとかの)だともはや別世界でしょうねぇ。

前からLoを見てみました。
HID13.jpg.JPG

調子に乗ってHiも
HID14.jpg.JPG
サーチライトに追われるルパンV世の気持ちが味わえました。
か〜なり眩しいっす。


いやぁ、知識では知っていましたが、実際HIDを体験すると
もうハロゲンには戻れませんね。
未装着の方は早めの交換をお勧めしますよ。
ハロゲン時には発生してた
「他の電気部品使用で電圧下がるとライトが明滅する」
(ウインカーとかストップランプとか冷却ファンとか)
が当たり前の話ですが無くなりましたよ。
昇圧して安定化させて高電圧でスパークさせて
クセノン(キセノン)発光させてるんだから
常時安定してて当たり前ですよね。
※起動〜安定するまでは発色が変化しますが。

そうそう、撮影場所に行く前にプラプラ一般道で
対向車、前走車の反応見てたんですけど、
特にパッシングやハザード、バックランプなどの
「眩しいぞゴルァ!」的な反応は皆無でした。
なので光軸調整も不要と思われ。
あと、ETCテストもして問題無くゲート通過。

うん、これで「ポン付け」と言っていい条件が揃ったぞ。
(ま、作業はそれなりに手間ですが)

ちなみにホンダ純正品(製作はPIAA?)だと専用ハーネス込みで
6万円台、購入&取付は必須条件になるでしょうから
工賃込みで7万円台行っちゃうんでしょうねぇ。

安目の選んで(と言ってもそれなりにお高いけど)DIYだと
3〜4万円台で済みますよ〜〜〜

いかがすか〜〜 気に入ったら頭のリンク踏んで買って下さいね〜〜〜

ETCとHIDはバイクにこそ必要な装備だと心底思いますよ。
実際付けてみて実感を噛み締めてます。
posted by 7R at 21:56| Comment(7) | TrackBack(0) | カスタム? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
HID着けたんですネ。
おめでとうございます&お疲れ様でした。(^・^)
私も6000kを着けてますが、ハロゲンの3倍近いワット数がありますからコレくらいが「ちょ〜どイイ!」ですヨ。(*^_^*)
バーナーは中国製でも大丈夫ですが、バラストはしっかりしたメーカーの物を使わないとトラブルが発生しますネ。
もうハロゲンには戻れないです!(^_^)v
Posted by だっくす at 2008年09月14日 08:18
>>だっくすさん
そう言えば例のバラストが放置プレイのままでした。
ばらして中身眺めてみないと。
Posted by 7R at 2008年09月14日 17:41
HID 取り付けおめでとうございます。(^O^) ブライテック製ですね カワサキZで 有名なPMCさんが元々発売元だったような気がします。私も 購入時はリモーション製かブライテック製か迷いましたよ。安いリモーション製にしましたけどね。一回HIDにすると ハロゲンには戻れませんね走行中は 目立ちますので 歩行者 車が気づいてくれて 安全性がかなり 向上しますしね。
HIDって 良いんですけど、つけっぱなしすると リフレクターが焼けちゃうんですよ。曇る
だから私はオフスイッチ噛ませて、常時点灯してませんね。
Posted by ちょんまげ at 2008年09月14日 20:37
あ〜…そういえば私の不良バラストは7Rさんの所にあるんでしたネ。(^^ゞ
いいですよ〜気が向いたらバラしてみれば。
分解しても私は中身まで分りませんから。(^_^)v
Posted by だっくす at 2008年09月15日 08:44
度々スイマセン。(^^ゞ
ちょんまげさん質問です。
HIDはつけっ放しよりON・OFFした方がいいのでしょうか?
私はバラストに負荷を掛けないようにとつけたままの方が良いのかと思って切らないよう気をつけてました。
その辺りが凄く気になっていたんですが…
どうなんでしょう?(^・^)
Posted by だっくす at 2008年09月15日 08:50
7Rさんは オフスイッチ付けますか? HIDっても寿命がありますからね。次第に暗くなってきます。頻繁に付けたり消したりすると、まずバラストが壊れますね。つけっぱなしだと イグナイターの消耗が早まりますね。けども ハロゲンにぐらべれば はるかに 長持ちしますね
Posted by ちょんまげ at 2008年09月15日 17:21
>>だっくすさん
そうそう、アレです。
まだ開けてませんでしたw
暇なときに構造解析してみたいと思ってます。
見ても判らないんですけどww

>>ちょんまげさん
ほうほう、リフレクターが焼ける!
確かにオフった後にレンズ触ったらハロゲン時より熱く感じたので一抹の不安はありますね。。

でもクセノンランプ系のトラブルはオン時に発生するケースが圧倒的に多いのを知っているので(車、バイクに搭載され始めるずっと以前から)
追加スイッチは付けないで「乗る時は常時オン」で行きますよ。
Posted by 7R at 2008年09月16日 07:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106510229
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック