2012年08月25日

パッキン劣化だったなー

写真.JPG

加圧は保ったままパッキン劣化でじわじわクーラントが噴出して減る
→水温異常上昇
クーラントは残ってるから一気にオーバーヒートには至らず
最高130℃程度でギリギリ安定。
なので通勤の往復程度ならなんとか持った。
ってトコロだな。
ちなみに警告赤ランプは122℃で作動だった。

念の為クーラント全抜きして冷却系内部水洗いして
リザーバータンクも同工程かまして新品クーラント&ラジエーターキャップにして
エンジンかけてサーモ作動する水温(107℃)まで回して
サーモ作動→冷却ファン作動→順調に水温が下がるのを確認して整備終了。
posted by 7R at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック